ゼニカルがあれば怖いものなし

ゼニカルがあれば怖いものなし

ゼニカルとは肥満症に効果があり、ダイエットなどに使う人も増えている人気の医薬品です。最近太ってしまった人、ダイエットでリバウンドしてしまった人におすすめのゼニカルについて当サイトで詳しくご紹介いたします。

ゼニカルの効果と使用方法

人が食事をして、健康に生活するのに必要な栄養成分は、炭水化物とタンパク質と脂肪分とその他の微量栄養成分です。その中で、タンパク質は、身体を構成する成分ですし、炭水化物は人の活動のエネルギーとなりますので、毎日の食事からとりのぞくことはできません。脂肪も人の活動に必要なエネルギーとはなりますが、炭水化物に比べて、同じ1gを食べた場合、脂肪は炭水化物の2倍以上のエネルギーとなりますので摂りすぎないように注意すべきです。したがって、生活習慣病で肥満となっていたり、美容上ダイエットを志す場合、脂肪をカットできる薬品は、ダイエット補助薬として最高のものでしょう。脂肪は、人の体の中に入って、リパーゼと言う酵素によって分解され腸から吸収されます。このリパーゼの活性を抑え、脂肪の吸収を30%ほど抑える薬がゼニカルです。その効果は、アメリカ合衆国において治験の結果、1年間使用で60%の人が5%体重が減少が見られ、10%体重減少が27%でした。ゼニカルを飲み始めて2週間程度で効果がではじめるといわれています。ゼニカルは、食事中または食後1時間以内に、毎日3食ごとに1錠服用します。食前服用では、効果は減ります。最大の効果は脂肪分の多い食事中に1錠服用する事です。ただ、脂肪分の消化をさせない薬ですので、消化されずにそのまま、脂肪が便に出てきますので、下痢をしたり、ガスがでたり、便に脂肪がまじったりしますので、十分注意が必要です。
さらに、脂肪とともに吸収されている脂溶性ビタミンなどの微量元素の吸収が阻害される可能性がありますので、マルチビタミンなどのサプリメントを一緒に飲むことを忘れないようにしましょう。